メンズ

モテる男は持っている!ゴールドカードでモテ期到来

  1. ホーム
  2. 定着しているサービス

定着しているサービス

紙幣を数える人

カードローンの歴史や使い方の変遷について

今ではすっかり定着したカードローンですが、その歴史の始まりは消費者金融であったとされています。最近の若い人の間では、あまり使われなくなった言葉として「サラ金」があります。サラ金は消費者金融のことを指し、サラリーマン向けの小口融資を行っている会社であることから、この言葉が巷で使われるようになったのが始まりです。似たような言葉としてヤミ金がありますが、ヤミ金とは違法な融資をしている業者のため、全くの別物です。 以前のカードローンの使い方として、その消費者金融のキャッシュディスペンサー、CDとも呼ばれる機械を利用し、現金を受け取るのが普通でしたが、今では全国に設置の提携先ATMからも利用できるようになり、利便性が大きく向上しています。

競争が激化したカードローンの今後の動向

カードローンは気軽にキャッシングが利用できる便利なサービスです。最初の頃は専門の貸金業者である消費者金融が提供していましたが、規制緩和と同時に、信販会社や金融機関もカードローンを積極的に売り込むようになっています。 金融機関で取り扱っていないところはまずないといってよいほど、宣伝活動が活発な現在ですが、長引く不況のためにお金を借りることを躊躇する人が増え、顧客争奪が激化しています。 今後の動向としては、景気回復が順調にいけば自然に顧客が増えるといわれていますが、まだその状況へ至るまでに時間がかかることから、一番のセールスポイントといってもよい金利を低くすることで、顧客獲得を目指すところが目立つようになると予測されています。