メンズ

モテる男は持っている!ゴールドカードでモテ期到来

  1. ホーム
  2. さまざまな費用が必要

さまざまな費用が必要

男の人

近年、住宅ローンの金利が下がり、長期ローンを組んでも、返済しやすくなったことが、戸建て住宅の新築を後押ししていると言われています。長期金利の水準は過去に見ないくらいに下がり、数年前と比べると1パーセント程度も下がっており、今後もしばらくその動きは続きそうだと考えられているようです。家を新築する際に、資金については熟慮しておくことが推奨されています。家を建てるときは、本体の価格以外にも、登記や地鎮祭費用、ローンの場合は手数料や火災保険や地震保険など、家の本体以外にも費用が必要となります。又、引っ越す場合は、その費用も考えておいたほうが良いでしょう。そのため、家の本体価格以外にどの程度費用がかかるか、事前に把握しておくと、資金調達の際も段取り良く進めることができるようです。

住宅ローンと言えば現代を代表する住宅の購入資金の借り入れ手段の一つです。その他にもフリーローンなどもあり、現金を引き出すことができるようになったのは比較的最近のことで、それまでは金融機関の窓口を訪問して個別に契約をするのが一般的でした。しかしこの様な個別対応は敷居も高く、また審査も厳しいものであったために実用的なサービスとは言い切れないものでした。カードローンが画期的であったのはその使い道を限定しないという点であるとも言えます。目的を問わない資金の融資が可能になったのも比較的最近のことであり、この様な自由度の高さが個人のカードローン使用に追い風となりました。保証人を必要としない仕組みに変化したことも非常に大きな要素であったと言えるでしょう。